ノノログ

ホーム / ブログ / herokuとは?からとりあえずWEB公開まで - herokuを使ってみた

herokuとは?からとりあえずWEB公開まで - herokuを使ってみた

ruby界隈ではかなり前から話題になっていたherokuを仕事の関係でご指導いただいてる方からも進められ使ってみた備忘録

対象環境
・MacOSX

・コンソールよりgitコマンドが利用可能
※ windowsもgitおよびheroku用のツールを利用できるようにすれば同じ状態だと思います。

■ herokuってなんなの?

WEB開発〜公開までのサポートを網羅したプラットフォームです。
WEBサーバ・gitリポジトリ・配備機能をまとめた必要最低限の機能を無料で提供します。
本格的なサービス運用に必要な機能は機能追加(add-on)や有償プランへの変更にて利用可能です。

簡単に言うと、プログラムが動作可能なサーバを無料から使えるってわけ。(しかも簡単に)
さらにデータサイズやリソースの利用制限はありますがRDBMS(PostgreSQL)も利用可能です。

■ 利用可能言語はこんだけあるよ!

もともとはRuby on Rails専用としてスタートしたようですが、現在では
・Ruby
・Java
・Python
・Clojure
・Scala
・Node.js(サーバサイドjavascript)
・PHP(サポートについては非公式)
が利用可能です。

■ 利用してみるよ

・まずはユーザ登録してみよう
ユーザ登録・利用開始まではメールアドレス1つあれば利用可能で、2stepで完了します。
1.  公式サイトより「Sign up」ボタンを押してメールアドレスを入力しましょう。
2. メールが送られてくるので、メールに張られたURLへアクセスしパスワードを設定すればアカウントの作成完了です。


Sing Upを選択


メールアドレスの入力


パスワードの設定 で完了!

・Rubyアプリを公開してみよう
公式のDocumentに従えば普通にRubyアプリが公開可能でした。
ちなみにサンプルアプリはsinatraフレームワークを利用していました。
1. herokuツールをインストール
2. herokuツールからherokuへのログイン
3. SSH鍵の設定
4. herokuサンプルアプリを作成
5. herokuのgitリポジトリへpushして配備 ※pushすることでdeploy(配備)処理が走ります。
6. 確認


1. -> 1.herokuツールをインストール
2. -> 2.herokuツールからherokuへのログイン / 3.SSH鍵の設定
3. -> 4.herokuサンプルアプリを作成 / 5.herokuのgitリポジトリへpushして配備

以上でいったんの動作が確認できます。
めっちゃ簡単です。

■ 補足情報

無料で利用できるPostgreSQLや公式サポートではアナウンスしていないPHP(mbstring込)も動作したので後日、本ブログにて書きたいと思います。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加