ノノログ

ホーム / ブログ / WindowsXPにAndroid開発環境をインストール

WindowsXPにAndroid開発環境をインストール

1.javaのインストール
まず、javaがインストールされているか確認。
コマンドプロンプトを立ち上げて例のコマンドを入力

gazou


※ コマンドプロンプトは
スタートメニュー -> すべてのプログラム -> アクセサリ -> コマンドプロンプト
gazou

もちろん入れた覚えはないのでJavaのインストール
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html
からJDKをインストール(JREでもいいのかな?)

gazou


現時点で最新版がJava SE 7u5らしい
Accept License Agreement にチェックを入れて、自分の環境を選択。
※ 自分は32bit環境なので Windows x86を選択

gazou


適当にはいはい進んでいくと完了します。

gazou

gazou

gazou

gazou

gazou

gazou

 

もう一回、コマンドプロンプトで確認

gazou
今度は動いてますね。
以上でjavaのインストールは完了です。

 

2.Android SDKのインストール
次は、Androidの開発環境をインストールします。
http://developer.android.com/sdk/index.html
からインストーラをダウンロードして実行します。

gazou

 

gazou

gazou

gazou

gazou

gazou

こんな感じの画面が出てきたらインストールは完了です。

 

3.Eclipseのインストール
次にEclipseをインストールしましょう。
Eclipseとは統合開発環境のことで(今回は)Androidアプリを簡単につくれるようサポート機能のつまったソフトのことです。
※ 今回は日本語化されたEclipseを利用します。英語版の方がいい人はEclipseの公式サイトからダウンロードしてください。
http://mergedoc.sourceforge.jp/index.html#/pleiades.html
ここから日本語化されたEclipseをダウンロードします。
現在の最新版はEclipse3.7 Indigoのようです。

gazou

Java開発用のJREなしを選択。
※ JREとは Java Runtime Environment の略でJavaの実行環境のことです。公式の最新版のものを最初にいれたので今回は必要ありません。
ちょっと重いですね、保存して解凍しましょう。

gazou

 


解凍してできたフォルダの中を見るとすぐに「eclipse」というフォルダがあるので好きな場所に配置してください。
私は今回、「C:\Program Files\」の中におきました。
ちょっと不便なのでショートカットをデスクトップに作っておくと便利がいいかもしれません。
※ ショートカットを作る対象は今回の場合「C:\Program Files\eclipse\eclipse.exe」です。

gazou

gazou

それでは起動してみましょう。
ワークスペースの設定が出ましたので、ワークスペースを指定します。
ワークスペースとは今後Eclipseを使っていく上で利用するフォルダのことです。
今回は、自分の領域の中にworkspaceというフォルダをつくり「C:\Documents and Settings\gondoh\My Documents\workspace」と指定しました。


4.ADT(Android Development Tools)プラグインのインストール
最後にATDをインストールしましょう。
EclipseはこのままではJavaの開発はできますが、Androidの開発が最適な状態ではありません。
ATDとはEclipseでのAndroidの開発をサポートしてくれるためのサブソフトです。
Eclipse上で ヘルプ -> 更新ソフトウェアのインストール を選択してください。

gazou


https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/ を作業対象として追加し、名前を適当に決めます。
すべて選択して、次へを選択し完了させます。

gazou

gazou

ふぇぇぷらぐいんがおもいよぅ。
(しばし待ちましょう)
警告が出ますがOKで進みます。
再起動しろと高圧的ですが黙って従います。

再起動を確認
えぇ!?SDKここでインストールできるの!?
と思いましたが、せっかくさっき入れたので、先ほどインストールしたSDKを指定します。
先ほど入れたSDKは「C:\Program Files\Android\android-sdk」にはいってました。
これで完了のはずです。

このあたりのキャプチャを紛失しちゃいました。。。。

!?怒られました。。。 
opensdkを選択してみる・・が足りないものを指定されているようです。
黙って従いましょう。Install 11packages
             ふぇぇぷらぐいんがおもいよぅ。
完了しました。
が、また更新情報が残ってます;;
             ふぇ(ry
一つ一つしかインストールしないですね。
と思いましたが、全項目同意していかなければいけないようですね。
※ 途中サイト承認がでましたが、無視しました。一つICS_R1がインストールできませんでしたが、現時点で問題がわからないので放置します。

以上でOKです。
※ 再起動してね。

今後はプロジェクトをつくって実際にAndroidアプリを作って、エミューレータで確認します。

 

 

 

 


             

 

このエントリーをはてなブックマークに追加