ノノログ

ホーム / ブログ / baserCMS / baserCMSが動作するサーバ環境(3系)

baserCMSが動作するサーバ環境(3系)

baserCMS3系が動作するサーバ情報を確認してみました。
baserCMSはバージョンアップを定期的に行っているので正確には公式サイトを確認してね。

また(私が)個人的に以下で動いたよ!という情報なので間違いがったらTwitterなどで連絡をいただけると喜びます。

基本的には、モダンなバージョンのApacheとPHPがインストールされていれば動きますが、下記のApache・PHP項目が設定されていると間違いないです。
SSL証明書を利用し、別のディレクトリで動作する場合などは癖がある場合がありますが、通常のDocumentRootとSSLのDocumentRootが同じディレクトリであれば問題はないですね。

nginx + php-fpmなどでも動きますがその場合は設定ファイルなど別に設定が必要ですよ!

Apache

varsion 1.3 or 2.0 or 2.2(over)
(私の)推奨: 2.2 or 2.4

.htaccessによるmod_rewrite有効化

PHP

PHP5.2.17(over)
(私の)推奨 5.4

必要連携モジュール

libxml
cURL
GD
mbstring

必要設定

mbstring.internal_encoding = UTF-8
default_charset = 'UTF-8'
mbstring.http_input = pass
mbstring.http_output = pass
mbstring.encoding_translation = Off

※ 必要に応じてPOSTのメモリ調整

DB

sqlite3 or MySQL or PostgreSQL
・DBによりPDO連携モジュール

・MySQL
version4.1(over)

・PostgreSQL
version8.4 ※公式情報より

とりあえずPHPが入っていれば、sqlite3で動きます。
これもモダンなMySQLかポスグレが入ってればほぼ動きます。
PostgreSQLは公式では、8.4以上となってますが、7.9や8.1でも動いたことあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加